自転車に良く乗る方でも、日頃のメンテナンスはついつい疎かにしてしまいがちではないでしょうか。

日頃のメンテナンスをするかどうかは、自転車の寿命、故障等に大きく影響します。

ここでは、自転車の簡単なメンテナンスについて、紹介したいと思います。そんなに手間もかからないので、長持ちさせるためにも、ぜひともやられることをおすすめします。

 

併せて、タイヤのパンク修理を自分自身でやる、やり方についても紹介したいと思います。


パンク修理 (ゴムのり・パッチ式)

タイヤのパンク修理は比較的簡単・安価に出来るので、自分自身でやられることをおすすめします!!

パンク修理キット(ゴムのり・パッチ式)は安いものだと、ダイソー等で100円で手に入れることができます。しかも、予想以上の品質なので、私もダイソーのパンク修理セットで処置を済ましてしまうことが多々あります。

 

 

(1) まず、タイヤに空気を入れるバルブ周辺のプランジャー、バルブ固定ナットを外します。

(2) 次にタイヤレバーをタイヤとリムの隙間に差し込み、テコの要領でタイヤを手前に起こします。

(3) そのタイヤレバーをスポークに引っ掛けて固定し、もう1本のタイヤレバーをタイヤとリムの隙間に差し込み、1/4程度タイヤを外します。このとき、2本目のタイヤレバーは10~15cm程度、固定したタイヤレバーと離した位置に差し込むとやりやすいです。

(4) その後、2本目のタイヤレバーをタイヤとリムの隙間内で滑らせて、残っているタイヤの3/4を外します。(慣れてくれば、タイヤレバーを使わずに、表面がゴムで覆われたゴム引き軍手等をはめて素手でタイヤを着脱することも可能です。)

(5) バルブをリムから外して、チューブを引っ張り出します。

(6) ブランジャーを組み付けて、チューブ内に空気を少し入れます。

(7) その後、チューブを水の中に入れて、空気が漏れている位置を確認、印をつけておきます。

(8) 印(修理箇所)の周辺をペーパーやヤスリでよく削り、空気を抜き、印の周辺にゴムのりを広く、薄く塗布します。

(9) ゴムのりをドライヤーもしくは自然乾燥させて、完全に乾燥したのを確認したのち、パッチを貼ります。

(10) その後、パッチを指で良く押さえつけて、チューブに圧着させます。

(11) 同時に虫ゴムも新しいものに変えてしまいましょう。

(12) 再び、チューブに空気を入れ、ほかに空気がもれていないか確認しましょう。

(13) その後、水をふき取り、タイヤの内側・外側に異物等がないかを確認して、バルブをリムに通します。

(14) よじれないように注意しながら、チューブをタイヤの中に入れていきます。このとき、タイヤを手で持ち左右に揉むように動かすと、よじれにくくなります。

(15) タイヤを素手でリムにとりつけ、バルブ固定ナット、ブランジャーを軽く組み付け、空気を少し入れます。

(16) その後、タイヤを指で揉んでいき、チューブを正しい位置へとセットします。

(17) タイヤ全体を確認し、問題なければ、適正圧まで空気を入れ、バルブキャップ、バルブ固定ナットを固定して完成です。お疲れ様でした!!

 

 

と、ここまで長々と書きましたが。動画の方が分かりやすいと思いますので、下記に載せておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=bBt-C3DBkqA (パンク修理動画)

 

 

 

タイヤの空気圧

オイル

サビとり

更新情報

新着商品

カートに入れる

商品検索

おすすめ情報

支払い方法
【カード決済対応会社】
下記カード会社に対応しております。
  • JCB
  • MasterCard
  • VISA
  • American Express
  • Diners Club
【代金引換】
代引金額 代引手数料
1万円まで 324円
3万円まで 432円
10万円まで 648円
30万円まで 1,080円
一部商品で対応していない場合がございます。
>> 詳しくは「支払い方法について」
【領収書について】
>> FAQ をご覧ください
配送
【配送料について】
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
>> 詳しくは「配送について」
相互リンク・Tie-up